日々の瑣末な思いを垂れ流す。


by sakanablue

伝えて

おかしい。

こんな決め方だけは。

賛成の人も。

反対の人も。

これまでにない大事なこと。

こんな決め方ってない。

そのことだけは共有できる思いのはずです。

伝えて。

それぞれが、それぞれにできる方法で。

こんな決め方だけはおかしいと。

かつて思いをわかちあったエキブロの人たち。

あの気持ちを。

伝えて。



[PR]
# by sakanablue | 2015-09-17 19:33

夏の夜。

なつかしい日々をなめるようにさらけだす。
そのことこそが恥ずかしい。
けれどまたそれも自分の一部なのだと。
あの夏の夜の湿った空気に
ちっぽけな我欲のみできたうすっぺらな日常を
世界のすべてだと思いこんでいた日々。
情けなく、愛しい。
[PR]
# by sakanablue | 2012-05-26 02:31

雨の朝

秋から冬へ。
雨と霧に白く包まれたしんと冷え切った空気と静寂が
不思議な落ち着きを感じさせてくれます。
そんな夜明け。

温かい紅茶をひとくち。
[PR]
# by sakanablue | 2011-11-06 06:53

きゅうりの思い出


幼いころ、きゅうりが苦手だった

夏のキャンプ。冷たい滝壺でざっくりひやしたキュウリに
マヨネーズをつけてパキっと食べたとき、まるで別の食べ物のように思えて。

それからはきゅうりが食べられるようになった。

よい経験って大切。
[PR]
# by sakanablue | 2011-03-10 16:51

食べるということ

妨害が激しいため、調査捕鯨を中止というニュースを見て。

調査捕鯨という名目で捕鯨を継続している、という現実があり、
そういった手法そのものについての疑問はある。

話合うことも難しいのだろうか。
どこまでも平行線のままなのだろうか。

もしそうならば
それはきっと、お互いが共通の答えを見つけ出すための話し合いではなく
それぞれ自分たちの主張を100%認めさせるための話し合いだからだろう。

捕鯨に限らず、人間が何を食物とするか、ということについては
雁屋哲氏原作のあるコミックで述べられていた論に共感している。

そもそも、人間は他の生命を犠牲にして食物としなければ生存できない
罪深い生物である。

それはベジタリアンであってさえ生命を犠牲にしている点で違いはない。

植物はOK,動物はNGとするならば、その境界線は何だろう。
植物には命がないのか?

鶏、豚、牛はOKで、クジラをNGとする、その基準は。

仮にこれらは食用として繁殖できるからとした場合。
殺され、食べられるためだけに生み出される生命の悲しさについて
思いが至らない人間性とは何なのか。

こうした生命の価値基準、判断について、私は答えを持たない。

ただひとつ言えることは、先にあげた事実。

人間は他の生命を犠牲にして食物としなければ生存できない罪深い生物であるということ。

だからこそ、食事には敬意と感謝を持ち、ありがたくいただく。

そしてそういう犠牲の上に存在している自分の生命をきちんと生きてかねばならないと思う。

その自覚がある者であれば、他人が食しているものに対する言動は自ずから熟考されたものとなるはず。
食習慣の違いや文化的な背景を無視して簡単に反対したり、気持ち悪がったりすることはありえない。

もちろん、絶滅危惧種であるような動植物に対する配慮は必要だ。
そこに対する議論はきちんと行うべきであり、そのための(本当の)調査は必要だと思う。
[PR]
# by sakanablue | 2011-03-05 05:26

揺れる。



ふわり。

ゆらん、ゆらん。

その振幅はわずかにおさまりつつ、短く早くなってゆき。

そして静止するかと思われるその瞬間に、また、ふわり。

ずっと同じように繰り返している。
[PR]
# by sakanablue | 2011-03-04 11:09

ひなまつり



小さなころ一緒に暮らしていた祖母が実利的な人だったので
『ひな人形を買うくらいなら、そのお金を貯金してあげておいたほうがいい』

そういうことで我が家にはひな人形がありませんでした。

でも祖母からも母からも愛情をたくさん感じていたので
それほどおひなさまがほしいと思ったこともなかった気がします。

今思えば、母親は少しさびしい気持ちでいたかもしれません。

ひなまつり、華やかで、楽しそう。

ただ、おひなさまを夜中に暗い中で見たりしたら少し怖い気もします。
次の年に出してみたら髪がのびていたりとか。

処分などもなんだか難しそう。

そういう意味ではなくてよかったのかもしれません。
ほっ。
[PR]
# by sakanablue | 2011-03-04 10:48

日本語


日本語っていい。

漢字もひらがなもカタカナも、アルファベットや記号だって使える。

そんな言語はあまりないのではないだろうか。

すべてありもので借りてきたものだけど。
そんな異国の文字をなんでもとりこんで、言葉にしてきた。
辺境民族の特権みたいな言語。

ひらがなはちょっとやさしいかんじ。
カタカナはちょっと照れ隠しにもってこい。
漢字だとパワフルで。

意味を示すだけじゃなくって
伝えたい雰囲気、その見せ方まで選べる。

英語を勉強するのももちろんいいけど。

自分の国の言葉のよさも知っていてほしい。

そんなふうに思います。
[PR]
# by sakanablue | 2011-03-03 05:51

スペースシャトル


先日、最後のスペースシャトルが打ち上げられたというニュースを見ました。

いつからなのでしょうか。
私がものごころついたときには、もう飛んでいたような気がします。

セミのようにロケットにくっついているその姿がちょっぴりユーモラスで
すごいくせに、とんがっていなくて、ぽってりほんわりしたイメージ。

何度も宇宙といったりきたり。

お疲れ様でした。
[PR]
# by sakanablue | 2011-03-01 10:35

ありがとう



バスの中でのできごと。

バスストップからすぐの信号待ちの間に
扉を開けてもらって乗り込んだお客さんから運転手に対して。
『ありがとうございます。』

こんな風に世の中がまわっていればいいのに。

ありがとうがあふれている世界を想像してみたら
なんだかとても優しい気持ちになれました。

ありがとう。
[PR]
# by sakanablue | 2011-02-28 13:32